たんれなの発信ブログ

たんれなの発信ブログでは、
エンタメやニュースなど
あらゆるトピックについて
発信しています。
お気に入りの記事をチェックしてみてください☆


    【話題】ひろゆき、SNSでケンカ売られジャーナリスト論破?



     実業家の西村博之ことひろゆき氏が、医療ジャーナリストの伊藤隼也氏を「論破」したと話題になっている。

     事の発端となったのは、ひろゆき氏が17日にツイッター投稿した「少子化が続き、高齢者割合が増えてます。勤労世代の負担増を止めないと社会は持続出来ません」というツイート。さらに、ひろゆき氏は「『寝たきり老人の胃ろうに保険適用しません。飯が食えない老人は自費で生き残るか諦めてください』と言える政治家が必要になります」と綴り、賛否両論を集めていた。

     ​>>ひろゆき、岸田首相を「職権濫用」「やりたい放題」とバッサリ 投票率に絡めた皮肉も<<​​​

     これに対し、伊藤氏は引用リツイートで「勤労世代の負担を語るひろゆき氏だが、彼はこれまでの人生で、国内において個人で所得税をしっかり払っていたのだろうか?」と現在フランスに在住しているひろゆき氏が、国内で支払った税金の多寡について指摘した。

     ひろゆき氏はこの指摘に「日本に納税してる頃は、20台から千万から億の納税をしてましたよ(原文ママ)」と引用リツイートで反論。伊藤氏はさらに引用リツイートで「それだけの税金をお支払いなら、相当な資産もお持ちでしょう。是非とも、社会的弱者への寄付活動もお願いしたいと思います」と再指摘し、「既に何億もなさっていらっしゃるかな」と皮肉も綴った。

     しかし、ひろゆき氏は引用リツイートで「去年、児童養護施設95施設に対して323台を無償で提供しました。今年もやってます」と自身が行っている児童養護施設へのPC寄付を報告。「伊藤さんも一口500万円ですが、乗りませんか?それとも、伊藤さんは文句をいうために寄付活動と言っただけですか?」と誘っていた。

     このひろゆき氏の誘いに、伊藤氏は「児童養護施設への貢献は様々な形があります。少しでも、様々な取り組みは拡がると良いですね。僕は僕のやり方でやっております」と拒絶。その上で、「また、意見を『文句』とは思っていませんので、悪しからず」と綴っていた。

     また、ひろゆき氏はほかにも、冤罪立証を無償支援する団体に100万円寄付など行っている。
     この一連のやりとりに、ネット上からは「久々のオーバーキル」「ひろゆきが児童養護施設にPC寄付してるの有名なのに」「賠償金から逃げて海外いるから国内にお金落としてないと思ったんだろうな」「結局伊藤氏は何がしたかったのか…」「ひろゆきに寄付云々で喧嘩売るのは大間違い」といった声が集まっていた。

    記事内の引用について
    ひろゆき公式ツイッターより https://twitter.com/hirox246
    伊藤隼也公式ツイッターより https://twitter.com/itoshunya

    西村博之氏(ひろゆき)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【話題】ひろゆき、SNSでケンカ売られジャーナリスト論破?】の続きを読む


    手取り14.4万円の20代男性、物価高騰でカツカツな現実



    画像イメージ

    画像イメージ

    物価高の影響で余裕を失っている人は少なくないようだ。サービス系の会社の契約社員として働く30代前半の女性(愛知県/未婚/手取り19万9000円)は、

    最低賃金は上がるけど、社員の給料が上がらないのはなんでなのか。物価も上がっているのになぜ給料は上がらないのか。仕事のモチベーションにならない」

    と嘆いた。(文:福岡ちはや)

    ※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/94ZJP3D8

    「なりたい職業の下積みとして今の仕事をしているが……」

    また、北海道在住で契約社員として働く男性(20代後半/その他/未婚)も、

    「手取りは14万4000円ほど(年収250万円)。物価高で普段の出費もかさみ、さらには戦争などでガスや灯油の値段が上がって非常に厳しい」

    と余裕のなさを吐露する。これから冬の時期に向け、燃料費高騰の影響は少なくない。自身の職業選択にも迷いが生じているようだ。

    「(会社から)燃料費が出ないのでカツカツ。なりたい職業の下積みとして今の仕事をしているが、果たしてこのままなりたい職業を目指していけるのか、目指して良いのかがわからない」

    夢があっても、お金がなくては生きていけない。せめて生活必需品だけは誰しもが問題なく購入できるように政策を打ってもらいたいものだ。

    手取り14.4万円の20代男性、物価高騰でカツカツ「下積みとして今の仕事をしているが、このままでいいのか…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【手取り14.4万円の20代男性、物価高騰でカツカツな現実】の続きを読む


    【驚愕】42歳女、コンビニで男子高校生を蹴りコーヒー牛乳をかけ逮捕



     広島県海田町のコンビニエンスストア店内で、18歳男子高校生を足で蹴った後、外にいた別の17歳男子高校生コーヒー牛乳をかけたとして、42歳会社員の女が逮捕された。

     女は13日午前7時すぎ、訪れていたコンビニエンスストアでなんらかの出来事に腹を立てた模様で、店内にいた18歳男子高校生を足で蹴る。その後、店を出た女は路上にいた17歳男子高校生を見ると、コーヒー牛乳をかけた。

     ​>>43歳男、コンビニのレジカウンターに牛乳とパンを叩きつけて逮捕 牛乳パックが破裂<<​​​

     被害を受けた男子高校生が通報し、駆けつけた警察官が女を暴行の疑いで現行犯逮捕した。コーヒー牛乳をかけられた男子高校生は、制服が汚れる被害を受けたとのこと。警察の取り調べに、女は「間違いない」と容疑を認めている。現在、警察が経緯を調べているが、いきなりコーヒー牛乳をかける行為は異常である。

     女の行動に、ネットユーザーからは「ひどすぎる。経緯がわからないので一概には言えないけれど、何もなくコーヒー牛乳をかけたとすれば精神的に異常をきたしている可能性がある」「口で注意できないから、暴力に訴えたということなのだろうか。こういう人間とは関わり合いたくないね」「自分が思っている以上に攻撃的だったり、思考が異常な人間が増えている。コロナの閉塞感も影響しているのかも」と驚きや怒りの声が上がる。

     また、「男子高校生がなんらかの無法行為をしたのではないか。ここまで怒るのは理由がありそう」「暴行するまでの過程を聞かないとなんとも言えない。でも、実際に犯罪行為をしてしまうと、その時点で負けになる」という指摘も出ていた。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【驚愕】42歳女、コンビニで男子高校生を蹴りコーヒー牛乳をかけ逮捕】の続きを読む


    【調査】20代の約半数が「貯金額100万円以下」 毎月の平均貯金額が最も高かった年齢層は?



     貯金アプリ「finbee(フィンビー」を開発・運営するネストエッグ東京都千代田区)は、「貯金・お金」に関する調査を実施した。その結果、20代の約半数が貯金額100万円以下であることが分かった。

    【データを見る】世代別の貯金額の推移、月収比較、毎月の貯金金額など

     世代別の貯金額を2021年と22年で比較すると、20代100万円以下が9ポイント増加(38%→47%)し、300万円以上が4ポイント(39%→35%)減少した。20代の約半数が100万円未満の貯金額にとどまり、300万円以上の貯金額が減少していることからも、物価高などの影響により若年層の間で貯金に回せる額が減っていることがうかがえる。

     一方、40~60代は300万円以上の貯金額割合が増加し、特に50代の500万~1000万円は大きく増加した(8ポイント増の20%)。

     貯金目的を聞くと、全体で「生活費」「資産運用」が3ポイント増加し、「旅行」「住宅購入」が2ポイント減少。「資産運用」は全世代で増加した。収入が伸び悩む中、資産を増やすことへの関心の高さがうかがえる。特に30代、50代は約2倍となった。

     20代は「旅行」が最も減少(6ポイント減)し、30代以外は全世代で減少していることから、同社は「旅行需要の本格回復まではまだ時間がかかる」と分析する。

    ●月の平均貯金額は、21年に比べて「2万円以上」減少

     貯金方法については「銀行の自動積立・定期預金」(30.1%)が最も多く、「口座移し替え」(19.9%)、「投資運用」(18.8%)と続いた。

     目標金額を達成するための貯金ルールを聞いたところ、「先取り貯金」「500円玉貯金」「不用品を処分する」が全世代で人気となった。世代別で見ると、30~40代は「不用品を処分する」が「500円玉貯金」を上回っており、フリマアプリの普及などリユース市場の拡大が見てとれる。

     また30代は、「推し貯金」「歩数貯金」「365日貯金」「カレンダーの数字貯金」といった、エンタメ性があり、自分の趣味・嗜好に合わせたルールでコツコツ行う貯金をしている人が多いことが分かった。

     月収と項目別費用について尋ねると、全体で平均月収が2万4765円減少していることが分かった。世代別で見ると、3世代(30代~50代)で減少し、2世代(20代、60代)は上昇した。月ごとの平均貯金額は2万8076円で、21年度(4万3252円)と比較して減少した。

    ●支出が減った項目の上位に「旅行」「外食」「交際」「被服」

     物価高が強まった22年と、21年を比較して支出が増えた項目を聞いたところ、全世代共通で、1位が「食費」(51.9%)、2位が「水道光熱費」(41.0%)という結果に。一方、支出が減った項目については、ランキング上位に「旅行」「外食」「交際」「被服」などがランクインし、外出や人との交流を控えている様子が反映される結果となった。

     20代、30代では支出が減った項目トップ5に「貯金」がランクイン。値上げ・物価高の影響から家計支出が多くなり、若年層において貯金に回す余裕がない傾向が出ていることが見てとれる。

     今後、増やしたい項目としては、現役世代(20~50代)全てで「貯金」が1位となり、また「旅行」が3位以内にランクインした。時流的にも家計的にも我慢が続く中、「旅行」への意欲は高いことがうかがえる。

    ●約4割が「将来重視派」の結果に 物価高による支出増加が影響

     お金に関する価値観を聞いた。その結果、全体では「将来重視派」(39.7%)が最多となった。次いで「どちらでもない」(35.2%)が多く、世代別では50代、60代を除く年代で同様の結果となった。

     21年時は「どちらでもない」が最多だったため、物価高の影響で家計支出が多くなり「今を楽しむことを我慢しても、将来のために貯金する」意識が強まっていることが見てとれる。

     貯金を増やすために行っていることを尋ねると、現役世代(20~50代)ではポイ活がお金を増やす手段として定番化しており、特に30代は半数以上の54%が行っていた。また30代以上では「衝動買いを抑える」人が4割以上いた。

     キャッシュレス決済の利用率は全年代で約3割だが、一番利用率が低かったのはデジタルネイティブ世代の20代であることも分かった。

     今回の調査は、1000人を対象にインターネットで実施した。調査期間は、9月27~29日。

    「貯金・お金」に関する調査(画像はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【調査】20代の約半数が「貯金額100万円以下」 毎月の平均貯金額が最も高かった年齢層は?】の続きを読む


    ゴッホの「ひまわり」にトマトスープかけたお粗末な犯人の言い分とは。



     10月14日ロンドンナショナルギャラリーで情けない事件が発生しました。

    JBpressですべての写真や図表を見る

     ゴッホの油画作品「ひまわり」にトマトスープをかけて、自然保護を「アピール」してみせるという(https://www.cnbc.com/2022/10/14/oil-protesters-arrested-after-throwing-tomato-soup-at-van-gogh-painting.html)、何とも表現しようのない失態です。

     ちなみに絵画そのものはガラスで覆われていて無傷のまま。

     汚損があった場合請求されるだろう莫大な損害賠償金(「ひまわり」の評価額は80億円程度と報じられています)を支払わずにすむよう、あらかじめ「安全策」を施された状態での「テロリズム」であることも最初に記しておきます。

     今回は、このところ頻発し、また先鋭化の傾向を見せているこうした「エコテロリズム」と、その背景を考えてみたいと思います。

    「エコテロリスト」その主張とは

     まず、ゴッホの「ひまわり」にトマトスープをかけた人たちが何を主張しているかを見てみましょう。

     上のリンクを見ると分かるように、ゴッホひまわり」に「ハインツ」の缶入りトマトスープをぶちまけたのは環境保護団体「JUST STOP OIL」メンバーを名乗る若い女性2人。

     少なくとも1人は髪をピンク色に染めて、なかなかパンクな装いです。揃いの「JUST STOP OIL」Tシャツを着、「インスタ映え」でも狙っていそうなポーズを決めながら、彼女たちは言います。

    「こんな絵を一枚守ることと、地球と人々の生命を守るのと、どっちが大切なのか?」

     英国政府がここ2週間に決定した「北海油田における石油とガス採掘政策」に抗議し、「地球の生態系、そして人類をを守るため」ゴッホの絵画にトマトスープをぶちまけたというのですが・・・。

     まず最初に言えることは、髪の毛ピンクに染めるのにも、相当の環境負荷がかかっている可能性があるのを自覚しているのか、といったあたりからでしょう。

    「有名絵画」を襲えばニュースになるので、自分たちの主張が安く、手っ取り早く世界に報道される。

     だから、防備の薄い、知名度の高い絵画をスキャンして、あらかじめカメラその他も手配したうえで、その手のアピールをして見せる。

     というのが彼ら彼女らの手法で、言って見れば「炎上型ユーチューバー商法」の一種と呼べそうです。

     警備の手薄な所を狙い、逃げも隠れもできない「絵画」を襲うというのは典型的な「弱い者いじめ」の発想です。

     2001年に発生したイスラム原理主義勢力「タリバーン」による「バーミヤン摩崖仏」爆破(https://www.isan-no-sekai.jp/column/7979)にも通じる卑劣な犯行と言わざるを得ません。

     しかし、この卑怯な手口そのものも「JUST STOP OIL」のオリジナルというわけではありません。

     このところ相次いでいる「エコテロリズム模倣犯の一つに過ぎない、21世紀の視聴覚高度情報メディアネットワークが見せる、典型的な社会病理のサンプルに過ぎないものです。

    「エコテロリスト」の共通項「名画イジメ」

     タリバーンもまた、野卑で拙劣な方法ながら、自分たちの存在をアピールするため、わざわざ音声動画を収録しながら、世界的に著名でかつ完全に無抵抗なバーミヤンの石窟寺院を爆破してみせ、それを全世界にコンテンツ配信してみせました。

     2001年3月10日のことです。それから半年が経った2001年9月11日、何が起こったか?

     やはり、あらかじめカメラの砲列を準備したうえで、ニューヨークの世界貿易センタービルに航空機を用いた自爆特攻が仕掛けられた。

     言わずと知れた9・11同時多発テロ」です。この経緯を彷彿させる「いやな感じ」を、こうした犯行から抱かざる得ません。

     今年の5月29日、パリのルーブル美術館内で、車いすに乗せられた老婦人(を偽装した犯人)が人混みを掻き分け、レオナルド・ダ・ヴィンチの手になるとされる絵画「モナ・リザ」(「ジョコンダ」)の正面まで案内されました。

     すると、老婦人と思われた人物はかつらを脱ぎ捨て、おじさんの本性が露わとなり、全身でモナリザを防護しているガラス面に突入していったのです。

     残念ながら、そのおじさんの「自爆特攻」ではガラスは破れなかった。

     すると今度は、車いすに隠し持っていた「クリームケーキ」、いわゆる「パイ投げ」のパイと思われます、をモナリザに投げつけた(https://www.marca.com/en/lifestyle/world-news/2022/05/29/6293b4df22601dc3408b45b6.html)のです。

     幸か不幸か、この絵の顔の位置は3メートルほどの高さにありました。

     そのため、人混みの中でも遠くから見えるわけですが、おじさんの投げたパイはモナリザの顔を直撃するアメリカンコミックを成立させられず、胸のあたりを汚すにとどまりました。

     取り押さえられた犯人のおじさんは「地球環境を考えろ!アーチストはアートにかまけたいならエコロジーに目を向けろ」などと呼号していた。

     モナリザの前には、無数の「スマホの砲列」が並んでおり、ここでアピールすれば全世界に情報が拡散するだろう・・・というのはユーチューバー的発想として正解だったでしょう。

     それ以上の知性はほとんど感じられない。

    ひまわり」も「モナリザ」も一切抵抗などできない弱い存在の絵画です。ただ有名ではある。

     そういう「名画イジメ」を通じて自己アピールしたいという、お粗末な犯行でした。

     これ以降、車いすに乗ってルーブルを回る高齢者の身体チェックが厳しくなったことは想像に難くありません。何とも情けないことをしてみせるものです。

     こうしたユーチューバー型の稚拙な犯行に終始とどまるのであればまだしも、20年前のバーミヤンを考えるとき、人の集まる美術館でより危険性の高い「アピール」が発生するリスクが心配です。

     ルーブルを筆頭に、現在、世界各国の著名美術館博物館は持ち物チェックセキュリティを徹底しており、銃や爆弾などを持ち込むことは困難です。

     そこで「トマトスープ」やら「パイ投げ」やらといった投擲物が選ばれているわけです。

     接着剤など新手の手法を用いる「エコテロリスト」も登場しており、ガードとのいたちごっこがしばらくは続く可能性があるでしょう。

    真因は閉塞した社会経済への不満

     一連の事件を見渡すと、こうしたアピールをした連中がどの程度真剣に「エコロジー」を考えているのか、かなり首を傾げざるを得ません。

     こうした破壊行為は「ヴァンダライゼーション」と呼ばれます。

     実行犯の声明に共感する大衆などはほとんどおらず、教養層は嫌悪感を示すでしょうし、その場の映像を見ても分かる通り、居合わせた大衆は予想外ハプニングに喜んで自撮りをあちこちに散布する程度。

     日本のテレビで蔓延した「イジメ芸」を喜ぶ視聴者とほぼ同様のリアクションが見られるにとどまります。

     何にしろおよそ地球環境保護のメッセージなどにはならない。浅い大衆受けを狙った心貧しい犯人による一過性の自己顕示以上のものにはなり得ません。

     この「心貧しさ」に注目せざるを得ないのです。

     こうした犯行が実行できてしまうもう一つの背景は、犯人たちが「心豊かな」教養を備えそこなっているという事実でしょう。

     これは何も低所得層で教育の機会を得られなかったといったことではありません。

     例えば、世界各地の高校や大学でSTEMとかSTEAMとか称して、IT・AI時代の人材育成はSサイエンスTテクノロジーEエンジニアリングとM数学を重視して、プログラミング人材不足に対処すべきだとかいう動きがあります。

     これにアートAも加えてシステム創成に役立つSTEAM人材をなどと、米国企業由来の社会ニーズに合致させようとするものです。

     ここでいう「アート」のお粗末なこと、これは専門の観点から客観的に指摘する必要のある事実です。

     そういう「心の貧困」を、それなりの高等教育機関であるはずの場所でも、どれだけたくさん見てきたことか、名状し尽くすことができません。

     それこそ「有名絵画にパイをぶつけたら面白い」程度のSTEMもSTEAMも、極めて残念なことですが、仕事柄あちこちで見るわけです。

     批判的な観点があってスパイスが利いていて面白い程度のリアクションも目にします。

     そうしたもの全般、小手先の小器用さと別に、教養の水準が低い。心が狭く、豊かな広がりがない。

     そういうモラルも倫理も教えない低見識な「人材量産」に走り、問題が起きると「自己責任」と切り捨てる米国企業発のマスプロ教育に、ここ20年来EUやOECD(経済協力開発機構)は一貫して厳しい視線を向けて来ました。

     私もそちらから物事に向き合っています。

     ただ今回は皮肉なことに、一連の事件が「ロンドン」「パリ」など、もっぱら欧州で発生していることでしょう。

     犯人の素性など、いまだ報じられない面も多いですが、一概に米国式量産教育だけの責任にはできません。

     しかし、各地での事件報道を見ても『「ひまわり」は時価80億円』『「モナリザ」は時価1000億円』といった銭ゲバ的で、スキャンリズムを喜ぶ報道が目についたのも、残念ながら事実でした。

     さて、果たして「芸術の価値」は価格にあるのか?

    「エコ」と比肩しうる人類史の貴重な遺物が持つ価値を人々は正確に把握できているのか・・・実の所定かでありません。

    「どうして『ひまわり』に価値があるのか?」「モナリザが美術史的に占める位置は?」という問いは、「なぜバーミヤン石窟寺院は人類史において貴重な遺物だったか?」とほとんど同質の、文化にとって本質的な問いを投げかけています。

     これに対して「そんな能書きどうでもいい、儲かりゃいいんだから」といったモノカルチャーと「絵画の価値なんかどうでもいい、環境問題を標榜して目立ちゃいいいんだから」という似非エコテロリストの背景土壌はほとんど同じもの。

     これを放置したままでは、累犯を防ぐことはできないでしょう。

     まずは日本国内で、こうした模倣犯が起きないよう、事前予防の対策が必要になってしまうのが、残念で仕方ありません。

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  社会経験のない政治家の常識は社会の非常識

    [関連記事]

    「ノーベル賞2回」はどのように獲得されたか?

    母子家庭の夢から生まれたノーベル賞

    ゴッホの「ひまわり」トマトスープをかけた2人(10月14日、提供:Courtesy of Just Stop Oil/The Mega Agency/アフロ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ゴッホの「ひまわり」にトマトスープかけたお粗末な犯人の言い分とは。】の続きを読む

    このページのトップヘ